マーガペルラ

  • ホーム
  • サロン
  • コンセプト
  • ヒストリー
  • お問い合わせ
  • ブログ
オンラインショップ

ma-ga perla history

趣味から誕生したサロン ma-ga perla

ma-ga perlaがオープンしたのは2005年。今から10年前のことです。
そして、ma-ga perlaが誕生するさらに4年前、ふとパール本来の美しさに気付いたのが、
華やかな様で地味!シンプルだけど普段着けにくい!
私自身、パールは当時 売るほどある環境にいながら、着けたい!と思うデザインが全くない!
それなら自分に似合うパールジュエリーを作ればいいと思いつき、さっそく自分でデザインし、
パールを遊ぶ!という私の趣味の時代が始まりました。

服や靴を買うたび、それに合うパールやジュエリーを製作し着けていると、 周りの友人、知人たちに思いのほか好評を頂き、どんどん口コミで広がっていき 趣味の範囲を超えてきたので、自宅ガレージを改装しジュエリーサロンとして“ma-ga perla”が誕生しました。

マーガ・ペルラ history

もちろん始めは大変でした。
日本の真珠業界は当初 特に体質は古く、昔からの頭の固い男性社会で、
キズ、形、まき、照りばかりを重視し、真珠本来の持つ個性や着けた時の美しさは全く無視でした。
そして真珠の仕入れ先のどこにも鏡がない事には非常に驚きました。
素人に何がわかる!こんなのはジュエリーじゃない!など、
完璧な真珠以外は真珠じゃないと思っている方々に何を言われても
私自身は全く気になりませんでした。
一つ一つのパールが持つ顔や表情が違うからこそ、
その子に一番似合うように考えてあげればいいのです。

マーガ・ペルラ history

専業主婦からBusinessの世界へ

専業主婦だった私が何の迷いもなくすぐに商売が出来たのは、 すべて父の影響です。もともと父は、戦後全く物のない時代に三宮高架下で、 着物の小物店を始めましたが、これからは着物ではなく、洋服の時代だと、すぐに三ノ宮センター街でハンドバッグのお店をオープンしました。
その頃の三宮は、高架下が全盛期で、何もないセンター街に移動するのはバカだ!!と、言われたそうです。
その後、どんどんお店は、神戸、大阪、名古屋と増えていき、皆さま、覚えていらしゃるでしょうか?
「ノックは無用」という番組で、ハンドバッグの「みちぐさ」と言うブランドを?

マーガ・ペルラ history

その後は兄二人の時代に入りアパレルの「Bobby’s」と言う、マリンショップがトアロードにopen! そして、女性アパレルブランドの数々全国に100店舗以上に発展していきました。(名前は伏せておきます。)

幼少期、父がイタリアやフランスで買ってきた包装紙やプライスタグのデザイン、 ホテルの名刺などを楽しそうに商売に取り入れてミーテイングしているのを私はいつも聞いていました。
父亡き今は兄が受け継ぎ、現在甥っ子達が本来のバッグに戻し、「TIP ZONE」(テイップ ゾーン)として活躍しております。

マーガ・ペルラ history

お客様自身がBrandになって頂くお手伝い

マーガ・ペルラ history

港町神戸は、昔からいち早く海外文化を取り入れた独自の文化を持っており、神戸っ子に認められれば、日本全国どこにでも通用する! と言われるぐらい、商売の難しい街であり、その神戸で育った私たちは流行りものには飛びつかず、自然に流行を取り入れながら 独自の個性を上手に生かすおしゃれ術を持っています。
ブランド物が全面に出て、ブランドに持たされているのではなく、自分自身がブランドになる。

ma-ga perlaのジュエリーは、その方の魅力を最大限に引き立て、その方自身がブランドになれる様お手伝いをさせて頂きたいと思っております。